スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Anne's House of Dreams


ISBN:0553213180 YL7.5~8.0 81,000words

Anneの夢の新婚生活は海辺野の町、Four Windsだった。
灯台守りのJim船長、世話好きのMiss Cornelia、そして
隣人のLeslie。新たな出会いにはたくさんの物語があった。
お久しぶりです。
ちまちまと洋書は読んでいたのですが、どうも一度パソか
ら離れてしまうと開くのが面倒になったりして(^_^;)
忙しいとどうもなかなか進まない洋書よりも和書に手が伸
びてしまいます。あぁ、私は日本人だなぁとまるで温泉に
浸かって伸びをするような気分で和書に浸っておりました。
雪芽さんのBlogで興味を持ち、ハマってしまった畠中恵氏
の「若だんな」シリーズや、上橋菜穂子氏の作品や図書館
で特集している絵本に関する和書などついつい手にとって
しまっていたのです。(今日も借りたし)
さくさく読める和書のリズムはこれまた良いものです。

洋書で何を読もう・・・英語の問題ではなくて気分的にノレる
ものと言えばAnneかLauraという雫です。
今回は赤毛のアンシリーズ第5巻"Anne's House of Dreams"
を読了しました。
レベルは難しいし、文章も現代とは違う趣きがありますが、
もう5巻目になるのでちょっとやそっとで動じません。
今はレベルよりも自分が楽しめる本を手に取ることが大切
で、それがまた難しいときです。

婚約時代を経て、Anneと若き医者、Gilbertの新婚生活が
始まります。そこで出会う人の中で一番印象深いのは何と
言ってもLeslieです。
Anneは友情を確立したくても、Leslieは時々心を閉ざしそ
してAnneが戸惑うような目で見てくるのです。
嫌い、嫉妬、悲しみ、怒り。
二人の間にあったそんな壁はあることをきっかけに取り払
われます。悲しみを超えて深い友情で結びつく二人の姿は
「生きていく」ことそのものです。
この他にも灯台守りのJim船長のロマンス、Leslieの苦悩、
医者Gilbertの選択と「生きること」の意味を考えずには
いられません。

辛くて悲しいことを乗り越えるという表現が良いのか、時
にわからなくなります。いつまでも何がしか心の底に痛み
を持っている人がほとんどのはず。
それでも悲しみの淵から再生する力を持っている力強さを
感じる物語です。
そういう意味では第8巻の"Rilla of Ingleside"の次に好き
な物語です。



次は何を読むか・・・これがまた開いては違う、開いては違う
を繰り返していて何が次に読了できるのか自分でも分かりま
せん。"Little Women"は宗教くささで胸焼け起こしそうにな
ってしまうし(これが和書ではなかった!)、ミステリーで
一番読みやすいIreneを読もうと思ったら三巻を買っていな
かったし(・_・;)
結局、何となく手に取ったのがこれ。読了できるかは自分で
も分かりません~。



応援してもらえると嬉しいです(^_^;)
ランキング・・・もう外れてるっすよね(笑)
人気Blogランキング
【2007/04/18 17:50】 Anne | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<「子どもが選んだ子どもの本」から | ホーム | Marley & Me ~life and love with the world's worst dog~>>
comments
----
やっぱり「Anne」いいですね!(*^-^*)記事を読んで、村岡花子さん訳の日本語版でもいいから、読みたくなってきてしまいました。
私も最近本への集中力が続かないので、積んである洋書を開いたり閉じたりしています。雫さんの紹介されている和書がすごく読みたい…(でも無理ですね)また良い波がきたら乗れるようになるかなあと思ってます。
【2007/04/19 09:55】 URL | niko #-[ 編集] |
----
Anneは和書では読みましたが、いつか読んでみたいシリーズですね。
シリーズ冊数もあるし、手強そうだし、読了どころかまだ手も出してませんが…。(笑)

私もなかなか読めない時は和書に逃げてました。
上橋菜穂子さんの守り人シリーズは先日とりあえず最初のだけ読んだところ、若だんなシリーズは最新刊以外は読んでしまってるはず。(笑)
…と、何故か和書に反応してました。(笑)

気分的にノレる本が無い時は無理しなくてもいいんじゃないかなーと思います♪
私も最近GR読む気がまーったく無くて、買ってあるGRを眺めながらも手に取ることなく児童書に手がのびてます。(笑)
【2007/04/19 10:08】 URL | 澄梨 #1ysID9Ow[ 編集] |
--おはようございます(*´∇`*)--
☆彡nikoさんへ
Anneはお助けアイテムのようなものなんです。
今はたくさんの本をガーっと読めませんが、面白い本を読みたいと思ったときにAnneに手が伸びます。
nikoさんも色々な本を開いてみたりされているのですね。私はこの時間を英語熟成期と思っています。
ここで英語を寝かせておいて、次にまた良いペースで読み始めれるきっかけになります。
和書の入手はなかなか困難ですよね。もし何かの折にゲットできそうなら是非、上橋菜穂子さんや若旦那シリーズを読んでみてくださいね♪

☆彡澄梨さんへ
Anneの文章は古典の域で「へぇ~」というような言葉が出てきます。これはnativeの人も若い人なら知らないかもしれません。
難しいと言えば、難しいのですがもう愛で乗り切ってしまいました(笑)
澄梨さんも守人や若だんなシリーズ、読まれているのですね!私はどちらを読んでもおなかが空きます(笑)
美味しいお話は大歓迎。
和書、洋書関係なく自分が楽しいと思える本を読むのが一番ですよね。少し和書への熱が落ち着いてきて洋書が読みたくなってきたので色々と漁ってます(^_^;)
【2007/04/20 06:06】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/959-bcde4334
| ホーム |

calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。