スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
有名な「Forest」


コーヒーを買いに最寄の駅中に行ったついでに、書店に立
ち寄ってこの本に遭遇。
この書店の店員さんのPOPは素晴らしく、自分が買わない
本でもPOPを見ているだけで面白くて楽しいのです。
この「Forest」にも工夫がしてあるPOPがあり、手に取って
・・・会計してしまいました。←思うつぼ。
この本が私のBlogに登場することを、本人が一番驚いてい
ます。
今まで英語の参考書が最後まで到達したことがありません。
到達したのは多読を始めてからのこれだけ。
英語だけなので安心です。
日本語の説明を暗記しなくても良いということがどれだけ
私にとって嬉しかったことか!


多読を始める前に開いた参考書は、説明を「覚える」こと
が大変だし、ひーこら言いながらページが進んでも最初の
方を忘れてしまって、何が大切でポイントなのかも全く検
討がつかなくなって、やる気を失くすの繰り返しでした。

凹みます。

確かに「Forest」は丁寧に書かれている本だと思います。
でも私のような英語おバカ(阪神バカとは意味が違います)
はボリュームがありすぎて、そのうちに「これを一冊したと
しても、どこでどんなふうに自分が英語を理解したと体感
できるのだろう」と疑問と不安だけが残ったでしょう。
そして次の参考書探しの旅に出て、続けられるか、終えられ
るかを不安に思いながら同じことを繰り返したでしょう。
いや、繰り返すなら良いです。ブチ止めていたかも。

"My uncle gave me his watch."
"My uncle game his watch to me."
この本にのっていた簡単な例文です。
多読をする前の私ならおおよそ一緒の「意味」なんだろうと
勘ぐっていたでしょう(笑)
多読でたくさんの英語を読んできた私は「何が言いたいのか」
が自然に分かります。
これ、ものすっごく大切です。
もしもこれが実際に会話で、相手から言われたとしたら後
に続く会話が違ってきます。
この文章の違いも「Forest」は丁寧に説明しています。
でも多読なら説明されなくてもやさしい本から読んでいけば
そのうちに分かってくることです。

学生時代、英語の授業が子守唄に聞こえていた私のような
人には「Forest」をやり直しの英語のとっかかりにするのは
相当、辛いはずです。
苦手・恐怖・大嫌いな人がこのボリュームをこなすなんて、
相当頑張らねばならないと思います。
丁寧なぶんだけ、日本語のボリュームはありますから。
そして、この一冊を仕上げたあと、どうしますか?

バッサリ、参考書を一度捨てて一番やさしいレベルの洋書
から読めることが一番素晴らしいです。
でもその方法が正解ではありません。参考書もしたいんだ!
という方はやさしい洋書も読みながら、それまでの自分と
何が違っているか探ってみるのはどうでしょう。
JulieさんのBlogの「あなたのunlearn度チェック」の記事
とても面白かったです。
私は今までフラフラ~としていたけど、英語の根っこが少
しできてきたんだなぁと感動。
この根っこがあるから、色々な本を手にすることもできる
ようになったのかと改めて気づきました。
楽しさを追い求めて二年間。いつのまにやらちっこい根を
出すことができました。

ひょんなことから「Forest」を手に取りましたが、これ以上
日本語で書かれた参考書は必要ありません。
自分が多読で培ったものがどれだけのもんなのか「Forest」
で試したかっただけだと思います。
ここでどんな結果になろうが、英語の根っこがある限り何
もビビることはないというドッシリ感は良いものです。

最後に・・・。
多聴多読マガジンの売れ行きが良いのは分かっております!
でも今はNHKの語学番組のテキストが平積みです。
つまり「英語始めようかなー」という方が書店に多く現れ
る時期です。(私もそのうちの一人でした)
そんなときにこそ、多聴多読マガジンも見えるところに置
いてほしいものです。この時期を逃すのは非常に惜しい!!
だってNHKのテキストが出てきたら多聴多読マガジンがなく
なってるなんて。「チッ!」と思いました。



しっかり洋書もレジに持って行きました・・・。
いつ、読むんだよ。

ポチっと応援、よろしくお願いします(*´∇`*)
人気Blogランキング
【2007/05/27 12:41】 HappyReading | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<多聴多読マガジン 夏号 | ホーム | The Adventures of Captain Underpants>>
comments
----
私も本は辞書を引きまくりでも読もうと思えるのですが・・・いざ、学習(笑)みたいにグラマー等に取りかかると続かないのです
やはり、勉強はきらいなのでしょうね
それと妙に日本語がいっぱいで英語を勉強してるのか何なのかわからなくなります
今はダールにハマってますが、雫さんがここで紹介して下さってる本も少しずつ購入して(もちろん自分が読んでみたいと思ったものだけですが)読んでいきたいと思ってます
霧の中から抜け出してる雫さんのようになりたいです
【2007/05/27 13:06】 URL | とまる #-[ 編集] |
----
こんにちは!雫さんがForestをお買い上げ?!?!と仰天してしまいましたが(大げさ?笑)、とても嬉しい体験ができたのですね。パチパチパチ

 私も英語を"学習"していた頃にForestを書店で手にとってみました。確かに多くの学習者がオススメしているだけあって良書だと思いました。これ一冊持っていれば、文法で困ることはないでしょう。でも、私には無理です。1章読んで挫折するのがハッキリわかりましたので、そのまま静かに書棚に戻しました。こんな根性ナシじゃ、英語なんて無理だろうなーなんて凹んだのですが、雫さんのように易しいレベルの本から読んで例文のニュアンスを汲み取れるようになるんですね。多読ってスバラシイ。
私は例文のニュアンスの違いは大学受験のときに学びましたが、多読で知ることができるなら、少なくとも私にとっては有意義で楽しい時間だったろうなーと思います。

 Julieさんのブログ、私も見てみました!面白くてニヤニヤしちゃいましたよ~。まだ100万語をちょっと過ぎたばかりですが、それでも頷ける記事です。
【2007/05/27 14:59】 URL | まゆ #-[ 編集] |
--こんにちは(*´∇`*)--
☆彡とまるさんへ
読書は楽しいですね~♪辞書の使い方は人それぞれですし、分からないというもやもや感が気持ち悪いという気持ちも分かります。でも量を読んでいたらパッと目の前が晴れる体験もできますよ。ぜひ、辞書なしの一冊というのもありにしてみて下さいね♪参考書で言えば私がGrammerを始めた時はそれまでと違って「知りたい!」という好奇心からでした。そんな時機を多読をしながら持てて良かったと思います。自分に何かを課しているのはあまり長続きしないのかもしれませんね(・_・;)
Dahlは楽しいですね!私が一番好きなのは"Matilda"です。昨日はチョコファクの映画も見ました。ジョニデプのワンカさん、私は好きです(笑)

☆彡まゆさんへ
私ほど「Forest」が似合わない人もいないでしょう(笑)記事も誉めているのかけなしているのか判らないものになりました。私のように学校英語で躓いた人にはお勧めできません。例文のような文章も、時制も暗記しなくても何が言いたいのか、どんな時空なのか本を読んでいれば次第にわかっていくものだと思います。それが基礎として少しずつしっかりしていけば力加減で少々難しい本も大丈夫だと思っています。
むずかしい言葉遣いが好きな作家がいたり、赤毛のアンなどは100年前の出版なので古い言葉遣いで書かれている部分などがあります。それもまた「へぇ~」がたくさんあればいつしか自分のものになっていると思います。
これからもご一緒にどんどこ英語の根っこを生やしましょう!!
【2007/05/27 16:38】 URL | 雫 #7cFgV8.c[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://drophappyreading.blog16.fc2.com/tb.php/989-7baaa0fb
| ホーム |

calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

search

monthly

category

links

material






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。